ピサの斜塔に登ろう! ネット事前予約方法と子連れでの注意点

ピサの斜塔

子どもの頃、本で読んで以来
斜めに建っているのが本当に不思議だったイタリア、ピサの斜塔。

ガリレオの実験が行われた(実際は違う?)という逸話も残っていて
ずっと訪ねてみたいと思っていました。

傾いているピサの斜塔に
実際登ることができると知ったのは
イタリアに行くと決まってからでした。

ピサの斜塔公式サイトからの最新の予約方法と注意点についてです。

スポンサーリンク

ピサの斜塔への入場 ネット予約方法

ピサの斜塔は、傾いているため(?)建物を保護するため、
一度に入場できる人数が制限されています。

そのため、予約なしで訪れると、入場可能な時間になるまでかなり待たされる場合があります。

時間があまりない場合には、是非予約することをおすすめします。

実際、私が訪れた時も(混み合うといわれる夏です)
午前中に到着しましたが、その時点で、予約なしで入場可能な時間は16時となっていました。

ピサの斜塔 公式サイトからの予約方法

まずはピサの斜塔公式サイト(英語版)にアクセス。

ピサの斜塔公式サイト

TICKETSをクリックして

チケットを買う

「BUY]を選択します。

日付選択

日付選択の場面になるので、予約したい日をクリックします。

※注意※
ピサの斜塔のインターネットは、予約したい日の20日前から予約可能となっています。

Towerをチェックして「FORWARD」をクリックします。

すると、時間と人数の選択場面になります。

時間選択画面

予約は15分ごとに区切られていて、その時点での空き人数(vacancies)が表示されるので

希望時間を選択して、人数も選択します。

※注意※
サイトのインフォメーションによれば、

ピサの斜塔は全部で297段の階段を歩いて登らねばならないため、心臓や筋肉に疾患がある人や、8歳未満の(厳密にはその年に8歳になる子から入場可)子どもは入場できません

とあります。

また18歳未満の子どもは大人が同伴する必要があります。

実際、私も小学生を連れていきましたが、
子供料金というものはなく、大人の人数にいれて申し込みました。

(料金は大人も子供も高齢者もすべて18ユーロです。)

小さな子がいる場合は、交代で大人だけ登るなどしなければいけません。

ピサの斜塔の周りは広場になっているので
斜塔を眺めながらのんびりするのも良いと思います。

人数と時間を確認して

時間人数選択

ADD TO SHOPPING CARTをクリック。

確認画面

チェックをしてSELECTをクリックすると 個人情報入力画面になります。

個人情報入力

名前とe-mailアドレス、電話番号を入力してチェックをし、
PROCEEDをクリックするとカード決済画面に移行します。

カード決済

VISAかMasterが使えます。

決済が完了すると予約内容の印刷画面になりますので
プリントアウトして当日持っていけばOKです。

プリントアウトしたものがチケットとなりますので、当日はそれを見せて
15分までにクロークに荷物を預ければOKです。

(鞄類はすべて預けなければなりませんでした。)

ピサの斜塔 ネット予約 キャンセル方法

予約時に発行されたorder numberとe-mailアドレスを入力すれば
公式サイトから予約内容の確認やキャンセル、時間変更(可能な場合のみ)

予約内容のプリントアウトが可能となっています。

公式サイトトップページのTICKETSの所にありますよ。

変更ページ

実際に変更したことがないのですが、

注意書きを読むと、前日(現地時間です!)まではキャンセルや時間変更可能なようですね。
実際に訪れた様子はコチラの記事に書いていますのでよろしければご覧ください。

フィレンツェからピサの斜塔まで電車での行き方
宿泊していたフィレンツェからピサの斜塔まで電車で日帰りしました。 フィレンツェからピサ中央駅までは ローカル電車で約1時間で...

ネットでの予約が不安な方には、現地オプショナルツアーをおすすめします。

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°
で人気のオプショナルツアーはフィレンツェからバスでピサまで行くというものです。

斜塔入場プランあり!ピサ半日観光 日本語ガイドツアー<フィレンツェ発>
という現地オプショナルツアーが売れ筋ランキング、満足度ランキングともに第1位となっています。

ツアーの口コミや詳細は
ベルトラ公式サイトからどうぞ。
フィレンツェ発を選択してランキング1位から見られますよ(^^)

あのリモワのスーツケースもお値打ちでおすすめです→→即日発送可能!【アールワイレンタル】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする