フィレンツェからピサの斜塔まで電車での行き方

ピサの斜塔

宿泊していたフィレンツェからピサの斜塔まで電車で日帰りしました。

フィレンツェからピサ中央駅までは
ローカル電車で約1時間です。

その時の記録です。

スポンサーリンク

ピサの斜塔へ登ろう フィレンツェから電車での行き方

まずは時刻表を確認

ピサの斜塔に個人で訪れる際は、できるだけ予約をおすすめします。

ピサの斜塔の入場は15分ごとに区切られ、一度に登る人数が制限されています。

予約なしで訪れると
入場可能な時間までかなり待つことがありますので、
効率的に観光したい場合は予約が必須なのです。

ピサの斜塔公式サイトから予約をするためには、
何時の電車でだいたい何時ごろ着くのか調べないといけません。

予約する前に
トレニタリアのHPから電車を検索してみます。

トレニタリア 検索

駅名を入力する際に、候補がいくつか現れますので、どちらの駅も中央駅を選ぶので、

フィレンツェは、Firenze S.M.Novella

ピサは、Pisa Centrale を選択します。

希望時間を入力して検索すると、電車の時刻表が出てきます。

検索結果

片道一人8.4Oユーロですね。

(子どもは3歳までは無料で、ローカル電車の場合は11歳までが子供料金で半額となります)。

乗りたい電車のi(インフォメーション)マークをクリックすると電車の詳細が見られます。

トレニタリア停車駅

フィレンツェ駅をでてから途中4つの駅に停車してピサ中央駅にちょうど1時間後につくということがわかります。

電車の時間を確認してから、ピサの斜塔の予約をすることをおすすめします。

予約方法はコチラに書いていますのでよければご覧ください。

ピサの斜塔に登ろう! ネット事前予約方法と子連れでの注意点
子どもの頃、本で読んで以来 斜めに建っているのが本当に不思議だったイタリア、ピサの斜塔。 ガリレオの実験が行われた(実際は違...

この時、帰りの電車の時間もチェックしておくと良いと思います。

いざ電車でピサへ

ローカル電車で1時間

フィレンツェ サンタマリアノベッラ駅から電車に乗ります。

チケットはネットで事前に購入しても良いですが
座席指定なしの普通電車なので当日購入しました。

自販機でクレジットカードを使って購入できます。

イタリアの駅には改札がありませんが、
購入した切符は刻印が必要です。

駅の中にいくつか設置されている刻印機?(でいいのでしょうか?)に
チケットを差し込んで、日付を刻印すればOKです。

刻印機

これは旧式の刻印機です。

デジタル表示のものもいくつか見かけました。

フィレンツェ ローカル線ホーム

ローカル線のホームはかなり奥にありました。

フィレンツェ発なので
早めに行って席も確保できました。

ピサ中央駅到着(PISA CENTRALE)

ピサ中央駅で降りると、とても混んでいてビックリしました。

混んでいるピサ駅
ちょうど人が多い時間と重なったようです。

駅の中にあるマクドナルド。

ピサ中央駅のマクドナルド

トイレはこのマクドナルドの奥にあります。

トイレ番にお金を払ってトイレを借りました(50セントでした)。

pisa駅

駅の外に出ました。


スポンサーリンク

ピサ中央駅からピサの斜塔までの移動

ピサ中央駅からピサの斜塔までの移動方法は

約30分歩く

バス

タクシー などがあります。

バスは駅の向かい側のホテルのところにバス停があるようです。

バス

この時は子供あり、高齢者?ありで旅行していたので
タクシーで行くことにしました。

タクシーは駅を降りてすぐに乗り場があります。

すぐに乗ることができました。

タクシーなら5分くらいで
7ユーロくらいだったと思います。

バスの1回券が1.2ユーロだそうなので、そんなに変わらないかな?
(バスは時間券のようですので、帰りの時間に合わせた長い時間のチケットをうまく買えばお得になると思います)。

車窓からみた川

川を渡り、あっという間に到着しました。

ピサの斜塔

傾いています。

皆同じポーズで写真を撮っています。

ピサの斜塔を支える写真

予約時間の15分前までに荷物をクロークに預けて、

並びます。

ピサの斜塔に並ぶ

この時、ショルダーバッグくらいはいいのかと持って並んでいたら
バッグは全部預けるように言われ、慌てて再度クロークへ行きました。

さぁ、いよいよ狭い階段を登っていきます。

暗くて狭い階段

入るとすぐに斜めになっているのが実感できました。

階段も斜めになっていて、感覚がおかしくなってきます。

ピサの斜塔でのすれ違い

降りてくる人がいるとすれ違うのが大変でしたが・・。

フラフラしながら、やっと展望台?に着きました!

斜塔のてっぺん2

空が青くてキレイで、疲れもぶっとぶ景色です。

てっぺん2展望台3

ちなみに入場時間は15分ごとに区切られていますが
展望台には好きなだけいてもOKでした。

景色を十分堪能して満足したら各自降りていきます。

ピサの斜塔 降りる

ちなみにピサの斜塔は8歳未満は登ることができません。

なので、ベビーカーなどの人は、予約を別々の時間に入れて、大人だけ交代で登ったりということも可能です。

ピサの斜塔の周りは広場のようになっていて木陰もありますので、

そこで小さな子は走り回っていました。

周りにはお土産屋さんやカフェが沢山あります。

近くのカフェで斜塔を見ながらランチです。

ピサ ランチ

ピサでピザ

ピサでピザ・・・ここではきっと何万回も日本人が言っているのでは・・・。

来た時にタクシーを降りた場所がタクシー乗り場でもあるので、

そこからタクシーに乗ってまたピサ駅まで戻り、予定通りの電車でフィレンツェに帰りました。

電車

余談:イタリアの駅は改札はありませんが、フィレンツェ駅のトイレは自動改札?でした(1ユーロ)。

フィレンツェのトイレ

ご自分での手配や移動が面倒な方は

現地オプショナルツアーがおすすめです。

゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°
で人気のオプショナルツアーはフィレンツェからバスでピサまで行くというものです。

斜塔入場プランあり!ピサ半日観光 日本語ガイドツアー<フィレンツェ発>
という現地オプショナルツアーが売れ筋ランキング、満足度ランキングともに第1位となっています。

ツアーの口コミや詳細は
ベルトラ公式サイトからどうぞ。
フィレンツェ発を選択してランキング1位から見られますよ(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする