ANA成田成都エコノミークラス搭乗記と成都空港ホテル

成都空港

先日初めてANAの直行便で中国成都に行きました。

旅行する際に、私が必ずネットで検索するのが機内食と機内エンタメです。
その辺りについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

成田~成都 ANAエコノミークラス

この路線、エアージャパン(アジア路線で多いANAの100%子会社)運航となっていました。

ボーイング767でエコノミーの座席は2・3・2です。

搭乗してすぐに衝撃的だったのが、
座席のリクライニングが、背もたれが倒れずに座席を前に移動させるタイプだったことです
(シェルシートというやつ。帰りは違いました)。

国際線でこのタイプに初めて乗ったのですが、
長距離だと窮屈で結構疲れます。

体の大きい人はちょっと可哀想に見えました。

ただ、前の人の背もたれがあまりに倒されすぎて悲しくなる・・・というトラブル(?)が
ないので安心といえば安心なのですが、成都辺りまで(5時間ちょっと)が限界な気もします
(もっと長い路線でもあるようですが)。

こちらのタイプだと思います。
→→ANA 767-300ER

機内は古さを感じる設備でしたが、まぁ機内食を食べて寝るだけだから
(まさに)目をつぶることにしました。

ANA成田成都エコノミーの食事と飲み物

その機内食ですが、やっぱり食事は日系だとハズレがなくて美味しいですね。
座席に感じた失望からここでかなり復活しました。

洋食のハンバーグか海鮮ちらし丼でした。

成都成田機内食ハンバーグ成都成田カニちらし寿司

どちらも美味しかったです。

お酒ですがワインはエコノミーはスパークリングはなく、
またミニボトルでのサービスもなかったのですが、ワインをお願いすると
カップになみなみとついでくれるのが嬉しいです。
(多分CAさんもお代わりとか頼まれる方が逆に面倒ですよねー)。

成都成田機内食ビール

ビールは中国系もあり、プレモルとアサヒが見えました。

CAさんはとっても親切でした(^-^)
(この辺りで座席についてはどうでもよくなってきた)

機内食を食べてビールとワインを飲んで寝たらドスンという着陸の振動で目が覚めた・・・という感じです。

昔は飛行機でも全然眠れなかったのですが、最近は毎回このパターンで
映画の1本も最後まで見ないまま爆睡してしまいます。

年を感じます。

ちなみに行きのエンタメで見たものは探偵ナイトスクープだけという・・・(^^;

一方、帰りの成都成田便は結構空いていました。

成都成田便エコノミー機内

ちょっと古さを感じますね。

成都成田エンタメ

帰りの機内食は
鶏の照り焼き丼か魚のトマトクリームソースだったか、なのですが、
家族全員和食気分で照り焼きだったので洋食の写真がありません・・・。

成都成田鶏の照り焼き丼成都成田機内食

ペロッと食べちゃいました。美味しかったですよ。

飲み物は行きと同じ内容で、また同じものを飲んで寝たら成田でした。。。

帰りは、行きよりかなり早く着きます。風の影響だと思いますが。

成都空港ホテル(成都空港大酒店)

成都滞在中は宿泊がパンダ基地の近くと郊外だったため、
行きも帰りも飛行機に乗る前後は成都空港ホテルを利用しました。

このホテル、空港の目の前にあるホテルで、同じクラスの
市内のホテルよりお値打ちです。

成都空港ホテルから見る成都空港

ホテルの部屋から見た空港ターミナルです。

空港~ホテル間は歩けないことはないですが、
道路を渡るのがちょっと命がけです・・・。

空港までは専用のバスで送迎してくれます。

到着時は、空港から電話をするとすぐに迎えに来てくれて、
ホテルからは朝は30分おきにバスが出ています。チェックイン時に予約するか尋ねられました。

成都空港ホテルロビー

金ピカなロビーでした。

成都空港ホテルの食事

成都空港ホテル朝食場所

朝食は、クラウンプラザパンダガーデンと同じような内容で種類豊富でした。

洋食に中華と、あとお寿司とか和食も少しありました。

空港ホテルだけあって航空会社の制服を着た人だらけでしたよ。

成都空港ホテル朝食

美味しい点心食べ放題も今日で終わりだと思うとガッカリでした。

また、帰国の前日、夜に小腹が空いてルームサービスを頼みました。

成都空港ホテルルームサービス

チャーハンとミートソースとクラムチャウダーで
日本円で1500円くらいでした。

チャーハンは朝食で食べたのと同じものでしたが量が多いです。ギュギュっと山盛り。

成都空港ホテルパンダ茶碗

可愛いパンダ親子のカップにスープが。このシリーズの食器、ホテルでよく見ました。

成都空港ホテルの部屋設備

成都空港ホテル部屋モニター

部屋に入るとテレビでは空港にある発着モニターが表示されていました。

(もちろん普通の番組も見られます)。

成都空港ホテル水

ペットボトルの水とポットやコーヒー、お茶もあり、コンセントは多種のプラグに対応しているアダプタが初めから部屋にありました。

成都空港ホテルバスルーム成都空港ホテルバスタブ

バスルームもバスタブ付でキレイでしたが、
トイレのドアもガラス張りって、家族旅行じゃなかったらちょっと困るかな・・・。

成都空港ホテルトイレ

唯一の不満が、ちょっと謎のクローゼット。

成都空港ホテルクローゼット

金庫があるので、コートなど長い服は入れにくかったです(バスローブですでにいっぱい)。

成都空港ホテル送迎バス

朝、ロビー前からバスで送ってもらいました。

スタッフは皆親切です(^-^)

その他、部屋の詳細の写真や口コミなどはBooking.com(海外ホテルでは部屋ごとの説明が一番詳しくておすすめです)の詳細ページで見られます
→→成都空港ホテル(成都空港大酒店)

成都双流国際空港

成都双流国際空港(成都空港の正式名らしいです)にもいくつかお土産屋さんがありました。

成都空港のお土産

パンダグッズも色々ありましたよ。

成都空港のパンダグッズ

成都空港パンダ自転車

パンダ自転車可愛い。

買い物に行った寛窄巷子(カンサクコウシ) よりは高めですが、パンダ基地とあまり変わらないか、安い位のお値段でした。

中国元が余っていたらこっちで使うのも良いですよ。

ケンタッキーは賑わっていましたが

成都空港ケンタッキー
保安検査後にあったスタバはガラガラでした。

成都空港スタバ

寛窄巷子で見かけたパンダグッズの店もありました(制限エリアです)。

成都空港パンダハウス

成都空港制限エリア

ペットボトルなど買える店も色々ありました。

初めて行った成都ですが、人々も親切でパンダ基地にも大満足でした。

6月に和歌山を旅立つ海浜や陽浜・優浜に次回は会いに行こうと思います!

今回私が利用したANAの直行便を利用する成都へのプランはこちらからも空き状況を検索することができますのでよろしければどうぞ

→→ANA航空券+宿泊 期間限定クーポン配布中 中国への旅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする