コートヤードバイマリオット白馬 スキーシーズンに気になること ブログ宿泊記

スキーシーズンのコートヤード白馬
スキーシーズンにコートヤードバイマリオット 白馬に行ってきました。

ウインタースポーツが趣味の我が家、私自身は学生時代から含めて
もう何十年も冬だけでなく夏にも通っている大好きな場所の一つです。

コートヤードにリブランドされる前のラフォーレ倶楽部の頃から何度も近くは通れど
普段はゲレンデに近くて安い温泉宿に泊まることがほとんどなので
こちらに泊まったことは一度もありませんでした。

この度SPGアメックス(現:マリオットアメックス)の無料宿泊を使って
2021-2022シーズンにスキー(息子らはスノボ)に行ってきました。

マリオットホテルはブロガーさんがとても多く
お部屋の写真なども沢山でていますし、旅行予約サイトでも充実していますよね。

ですので今回自分が行く前に余り情報がなく、気になったことのみブログにまとめています。
(単にガンガン滑って疲れて写真があまりない・・・という話もありますがごめんなさい)

ペットとの旅行でも人気のようで口コミも色々参考になりますが、、、
多分このホテルを高級ホテル?だと思って行くと色々問題が生じるのではないかと思います・・・。

スポンサーリンク

コートヤードバイマリオット白馬 冬のアクセス

白馬エリアは国道からすぐにアクセスできるスノーリゾートなので
標高は他のスキー場に比べると低い位置にあるので
車でのアクセスもしやすいです。

ただコートヤードバイマリオット白馬は別荘が多い閑静な地区にあり
雪の多い時期はさらに道も細くなり凍結しているのでスタッドレスなどの装備は必須です。

行ったのは年末クリスマスシーズンでリフトが止まるまで滑ってから
イオンで買い出し、チェックインは5時半くらい。

もう真っ暗です。
コートヤード白馬 冬真っ暗

コートヤードバイマリオット白馬 スキーロッカー

この辺があまり情報がなかった気になるところだったのですが
スキーロッカーはスキーリゾートのホテルによくあるような
駐車場から直に出入りできるような形式のものではなく
一度道具は全て担いでホテルロビーに入り、フロントの前を通ってすぐの場所にあります。

まぁここはゲレンデサイドのホテルではないので
ゲレンデからロッカーに直通ではないのですが
駐車場からも直通じゃないのはちょっと不便に感じました。

無料駐車場はホテルから道路を挟んで反対側にあり、結構すぐにビッチリになります。

普通の山中にある小さなホテルなので車寄せはもちろんポーターなどはいないです。
泊りの荷物とスキーやスノボなどを全部ホテルロビーに持ち込まなくてはいけないのは何気にキツいです。

細いですが凍った暗い道路を渡り、さらにホテルに入るところに大きな階段があって
そこがまた凍って滑るので重い荷物をもって運ぶのはちょっと怖かったです。

スキーロッカールーム自体は充分広くてとても快適に使えます。

コートヤードマリオット白馬のスキーロッカー

フロントでカギを受け取る形式でした。

中はごく標準的でキレイです。

コートヤード白馬スキーロッカーの内部

ホテルが混んでいる割にあまり使っている人がいなかったのですが
車に積みっぱなしの人もいるのかも知れませんね。

コートヤード白馬 ラウンジ代替サービスなど

コートヤードバイマリオット白馬のラウンジサービスは
他の方のブログを見るとロビーラウンジで夕方にハッピーアワーが開催され
お酒とちょっとしたお菓子類があると見たのですが
この日は冬休み時期だからかロビーラウンジではなく
2階の温泉の近くにある会議室がラウンジの代わり?として用意されていました。

コートヤード白馬ラウンジ代替会議室

内容は多分普段と変わらないと思います。

コートヤード白馬ラウンジハッピーアワー

ここ、広くて人がいなくてとても良かったです。

2階にあるので部屋からそのまま行くことができるし
喉が渇いたら行って飲んで・・・ということができます。

お酒とソフトドリンク、お菓子が置いてあります。

コートヤード白馬ハッピーアワーラウンジ

スパークリングはラウンジでちょくちょく見かける
Pol Messerでした。

コートヤード白馬ハッピーアワーお菓子

おつまみ代わり?のお菓子はアルフォートとルマンドとぽたぽた焼き・・・など。

ルマンドやぽたぽた焼きとか懐かしい感じがしますよね。

コートヤード白馬ラウンジハッピーアワー代替

グラスはなくプラカップでビニールシート?を敷いたテーブルで。

多分プラチナ以上が使えるのだと思いますが誰でも入れるような・・・
その割にあまり人がいなかったですね。

隣はチェックアウト後も使えるという更衣室で、お風呂も近いので風呂上がりに一杯頂くのにもいいですね。

炭酸水もペットボトルでありました。

行くといつもきれいになっていたりドリンクが補充されていたので
スタッフさんはマメにチェックしてくれているようです。

夜鳴き蕎麦サービス

夜鳴き蕎麦というとどうしてもドーミーインのラーメン!と思ってしまいますが
こちらはレストランで頂くことができる無料のサービス。

プラチナ以上なのか全員なのか・・・チェックイン時にチケットを渡されました。

レストランは混んでいたので頼むとロビーでも頂くことができます。

コートヤード白馬の夜鳴き蕎麦

美味しかったですよ。でもこれはうどんでは?

この日はレストランは混んでいるとのことで利用しませんでした。

車があればイオンがすぐ近くにあるので普通に何でもすぐに揃うので便利です。

アイスなどのサービスもあったようですが使っていません。

あとはウェルカムドリンクだったかな?として缶ジュースを人数分頂きました。

ロビーはクリスマスの雰囲気。
コートヤード白馬 クリスマスツリー

温泉付きプレミアルーム

この日はマリオットアメックス(旧SPG)の無料宿泊だったのですが
混んでいたのに温泉付きツインにアップされてとても嬉しかったです。

というのもなかなか人がいる温泉に入れなくて
この部屋の温泉は広さも十分で気持ちよく久しぶりにゆっくり温泉に浸かることができました。

コートヤード白馬部屋

見にくいですがベッドから温泉を見たところです。

コートヤード温泉付きツインにアップグレード

白馬のお湯はクセがなくほぼ無色透明です。

春になって感染状況も落ち着いていたら今度は両親もつれてきたいなーと思いました。

奥は和室のようなスペースがあり一気にスキー宿の風情が。

コートヤード白馬温泉付きプレミアルーム

左側はクローゼットだと思ったら布団が入っているので使えず右側のハンガースペースを使うのでスキーウェアやタオルなどですぐにいっぱいになりました。

コートヤード白馬温泉付きルーム

朝食

チェックインした時に混んでいるとのことで朝食時間をその場で予約しなくてはなりませんでした。

翌日も朝からガンガン滑るつもりだったのですが
空いているのは9時以降と言われ・・・それは却下。
ということで7時という早い時間に行くことに。

それでもすぐに満席になっていました。

内容はビュッフェでしたが充分です。
オムレツコーナーもありましたよ。

コートヤード白馬朝食

朝はうどんではなくお蕎麦がありました!

みかんも何気に嬉しいですよね。

ただ席の間隔などあまり広くなくて混んでいるのはちょっと嫌だったので
ササっと済ませました。

紅茶がTWGだったのが意外でビックリ!

だからか紅茶コーナー?はいつも列ができていました。(写真がないですが😅)

スキー・スノボでホテルに泊まる時は
以前はゲレンデサイドばかりだったのですが普段利用していたホテルや旅館は
小さいところが多くてなかなかこのコロナ渦で利用できませんでした。

逆にゲレンデサイドにこだわらなくなるとホテルの選択肢も一気に広がるし
コートヤードバイマリオット白馬なら複数のゲレンデも楽しむことができます。

チェックアウト当日も温泉を利用しても良いとのことで車で戻るのが面倒じゃなければ良いですね。

ゲレンデを巡るバスも運行しているのでそれに乗って行くなら荷物をホテルに置いて朝出かけ、帰ってくるパターンなら使い勝手が良さそうです。

うちは帰る日もリフトが止まるまで滑るので戻っていませんが😅

この日はホテルはとても混んでいたようでしたが
それを感じたのは朝食時だけでほとんど部屋にいてたまにラウンジ代わりの会議室にいただけで
混雑を避けてゆっくりすることができました。

1月までとトップシーズン週末はちょっとお高めですがそれ以外なら気軽に使える良いスキー宿ですね。

冬も白馬に行くときはこちらにお世話になろうかなーと思える滞在でした。

楽天がマリオットと提携したのでまだ会員じゃない場合は楽天を通じてマリオット会員になると安く泊まれるなど特典ができましたね。
【楽天トラベル】コートヤードバイマリオット白馬 プラン一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする